Whitest Boys Alive

もう解散していますが、Whitest Boys Aliveというベルリンのバンドがとてもいいです。ベルリンらしく、エレクトロニカの要素を取り入れていましたが、徐々に生音色が強くなっていきます。アルバムは2006年の『Dreams』と2009年の『Rules』のみ。

センスのあるメロディーと、淡々としたリズムが心地いい。ローズピアノとシンセサイザーを担当するメンバーがいて、これがまたいい効果を発してるんですね。バンドにローズピアノは珍しいかもしれない。ちょっとオタキッシュなところもいい。

日当たりのいいテラスで、コーヒーをのみながら、淡々とタイピングしてるイメージです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。