湘南移住記 第162話 「部屋」

土日。動こうとするものの、体と気力が追いつかない。これではいけない。重い腰を上げる。

週末は雨。気温は7度。卯月を迎えたが、冬のように寒い。せっかく咲いた桜も、これでは散ってしまう。津山でも3年ぶりの桜祭りをしているが、大丈夫だろうか。

傘がないので、撥水性がありそうな青のダウンジャケットを着て外出した。3人の子供たちが同じくダウンジャケットを着て歩いて会えるのを見かけた。4月2日の横須賀、春は未訪。

ホームセンターに資材をの買い出しと、インパクトドライバーを借りに行く。が、4月から規則が改訂し、顔付きの身分証明書がないと借りれなくなっていた。以前は保健証だけで借りられたのだが。窓口のおっちゃんが申し訳なさそうに謝ってくれた。おっちゃんが若者風の刈り上げをしていて気になった。

私は顔付き身分証明書を持っていない。更新するのを忘れていたので、免許証は失効した。マイナンバーカードは申請したものの、届いていない。気が進まないのに申請して、届かないのはどういうことだろうか。

インパクトドライバーがないと作業ができない。思い切って、新しいインパクトドライバーを買うことにした。以前買った2500円の新品のインパクトドライバーは出力が弱すぎて使えない。ある程度いいものでないと使えないので、10000円程度の出費を覚悟する。

明日に買いに行く事にした。

横浜駅周辺の風景

私の部屋

その間に、居住スペースになる部屋の片付けをする。床が抜けている状態から、残っていた木材で床貼りをした。あまり綺麗に仕上がらなかったので、フロアタイルを貼ることを考えていた。調べてみると、6畳分で20000円するものもある。高い。

ひとついいアイデアを思いついた。余っていた畳を、フロアタイルの代わりに敷けばいいのではないか。

居住スペースは資材置き場になっていた。資材を別のスペースに移し、畳はそのまま床に並べた。すると、8畳分置くことができた。扉付近に置くと開閉できないので、そこには床材を敷いた。おお、部屋らしくなったじゃないか。

いままで客室に使う予定の部屋に布団を敷いて寝ていた。なぜその部屋で寝ていたかと言うと、この物件の中で1番寒くないエリアだったからだ。

頂いたホットカーペットと布団を居住部屋に移す。天井に吊るし照明がひとつ、壁側にはゴシック調の二連証明がある。明るい。

横浜駅周辺の風景

畳の上にフロアタイルも敷けるだろうが、和室もいい。どちらがいいだろうか。

三浦の家ぶりに住居らしい環境になった。仕上げるのに長い時間かかったものだ。人間、環境はとても大事だ。

店用のスピーカーを部屋に映し、Sportfyで音楽を聴いた。最高だ。いいスピーカーで音楽を聴くと、お酒が飲みたくなった。贅沢はしないが、いいスピーカーが欲しくなった。私にとって必要不可欠なもののようだった。日常の幸せ。これと本があれば言うことはない。

1.5畳分の畳を使った小上がり兼ベッドを作ることを思いつく。父はいつも和室で横になり、お酒を飲みながらレコードを聴いていた。細かい神経の持主だった父は、ああやって一日の穢れを祓っていたのだと、今になってわかる。

準備ほぼほぼ完了

翌日。朝イチから動く。しっかり休んだので、気力と体力が戻ってきた。しんどい時はヘタに動くより、十分に休みを取る方が事が動くことを学んだ。

やる時はやらなきゃいけないけど、勝負はマラソンのように長い。頑張ると反動がきて余計にロスになる。ここ何ヶ月で得た教訓だった。

やる時はやる、というより、その日その日にやることをやる。やれることをやる。大袈裟に努力と言わないまでも、少しずつ目標の大海に漕ぎ進めることはできる。

津山で店を立上げるより、今の方が50倍は大変だ。それでも、地道にやっていけば形になる。

課題は、大変さを楽しむことか。道のりは長いから。うみかぜ公園のベンチで海と空を眺める空白は、心を癒してくれた。

三春町のハードオフに行く。インパクトドライバーが中古で一つだけあった。2500円。元の値段は7500円程度だった。これなら使えるんじゃなかろうか。思い切って買うことにした。

ブログように一眼レフが欲しかったのを思い出した。ニコンがいい。D3200というモデルは、今使っているIphone SEより高い2400万画素。ネットで作例を見ていると、感動する。写真が意味を持つようだった。

葉山で見た、70年前に横須賀へ駐留したアメリカ人医師の写真もニコンだった。

帰って早速使ってみると、なかなか出力が高い。充分に使える。テーブルの補強ができた。

これで、最低限のお店の準備は完了。あとはトイレの洗面台の移動とシンクの取り付けだけ。

洗面台の移動は水道屋をしていた人に頼んでいたが、その人が多忙になり取りやめになってしまった。

横浜駅構内のお花屋さん

試しに自分でやってみたが、水道管にヒビがいって水漏れが発生する。慌てて補強剤で直した。

自分でできないこともないのだが、怖い。

まほから連絡があり、丹後山アパートメントのみんなとインスタで中継した。横須賀にいながら丹後山のあの部屋とつながるのは不思議な気分だった。みんなも、子供達も元気そうだった。この数ヶ月のことは話していなかったので、みんなに話した。

会話の中で、津山のhatisと横須賀の店を同時に運営していこうかという案が浮かんだ。

できないこともない。ていうかいけるんじゃないか。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。